BLOG

ブログ

〇本宮家・俊介の部屋(深夜)

机の上のスタンドライトだけが室内を照らしている。
俊介、机に向かっている。

俊介「…………」

扉が開いて、雅志が顔を出す。

雅志「よお」
俊介「ノックぐらいしろって」
雅志「悪い」
俊介「別にいいけど」
雅志「電気くらい点けろ」
俊介「これで大丈夫だって」
雅志「あまり深く考えるな」
俊介「何だよ急に」
雅志「何かあったんだろ?」
俊介「何もない」
雅志「会社か?」
俊介「違うって」
雅志「仕事の相談なら酒の一杯ぐらいは―」
俊介「大丈夫だよ」
雅志「本当か?」
俊介「ホントに何もない」
雅志「(納得いかないが)わかった」

雅志が扉を閉めようとする。
俊介が慌てて、

俊介「なあ」
雅志「何だ」
俊介「親父ってさ―やっぱやめる」
雅志「言いかけたことは言え」
俊介「…………」
雅志「何なんだ?」
俊介「―母さんだけ愛してた?」

雅志、呆気にとられる。
俊介が雅志の顔色を伺う。

雅志「親の色恋なんか聞いてどうする?」
俊介「だよな」
雅志「もう寝ろ」
俊介「(ムッとして)」

雅志、扉を閉める。
ベッドに横になる俊介。
スマホのバイブが響く。
俊介、スマートフォンを取り出す。
女の子からのメールである。
『あしたのデート、めっちゃたのしみ』といった文面。

俊介「(文面を見て)」

〇同1階・リビング(朝)

翌朝。
週末、パジャマ姿の雅志がくつろぎながら新聞を読んでいる。
階段をゆっくり下りる音。
私服姿の俊介がやってきて、日課のように母親の遺影に合掌する。

雅志「よお」
俊介「(ボソッと) おはよう」
雅志「出かけるのか?」
俊介「ああ」
雅志「今日も遅いのか?」
俊介「いつもと同じ」

俊介が出て行こうとする。
雅志が新聞を折り畳んでテーブルの上に放る。

雅志「よお」
俊介「何だよ?」
雅志「昨夜のことだが―」
俊介「あ、あのコトはもう忘れていいから」

と、出て行こうとする。

雅志「待て」
俊介「だからいいって」
雅志「母さんと出会う前な―」
俊介「(雅志を見て)」
雅志「父さん、あまり女性ウケしなかった」
俊介「…………」
雅志「本当だぞ?」
俊介「急に何言い出すんかと思った」
雅志「質問に答えてるんだろ」
俊介「それくらいわかるって」
雅志「だったら最後まで聞けよ」
俊介「(わかったよという顔)」
雅志「思春期の頃に好きな子に振られてな。自暴自棄でたくさんやんちゃもした」
俊介「…………」
雅志「そんな時に知り合った人がいてな」
俊介「(まさかという顔)」
雅志「母さんだった」
俊介「…………」
雅志「母さんは一生分の愛をくれた。今でも母さんこそが全てだと思ってるぞ」

俊介、テーブルの上にある新聞にふと目を止める。
『若者に増えるインスタントセックス』の見出しだ。
雅志が俊介の視線に気づいて、

雅志「行きずりの性交という意味らしい」
俊介「(驚いて)」
雅志「愛も簡素化する時代なんだな」
俊介「…………」
雅志「3分で実るとはこりゃ傑作だが余計に寂しくなるだけだろうに。インスタントはラーメンだけで事足りてる、なんて冗談言ってみたりしてな」

と、雅志が笑う。

俊介「…………」
雅志「一度くらい家に好い人連れてこい」
俊介「出かける」

と言って、俊介が出ていく。
雅志が妻の遺影を見て―

<第7話へつづく>

にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。