BLOG

ブログ

早朝5時の梶野家。
オーラを纏った男が廊下を歩く。

ハジメの義父・芯太郎である。
見た目は小物だが、顔は険しい。

ハジメがそそくさとやってきて、

ハジメ「おはようございます、本日もよろしくお願いします」
芯太郎「おはよう」
ハジメ「お義父さん、準備万端です」
芯太郎「よろしい。庭へ行くとしよう」
ハジメ「はい」

芯太郎が足を止めて、

芯太郎「ところでハジメ君……」
ハジメ「はい?」
芯太郎「最近夜中にパソコンで何をしてる?」
ハジメ「…………」
芯太郎「本体に触れたら暖かかった」
ハジメ「それは……明日の天気を調べてました」
芯太郎「ならスマホでも出来るだろう」
ハジメ「あとはレシピの勉強とかを」
芯太郎「てっきりいかがわしいビデオでも観てるのかと思ったよ」
ハジメ「まさか。実乃里がいますし」
芯太郎「ということは、そちらのほうは問題ないんだな」
ハジメ「……おかげさまで」

庭へ出たふたり。
夏の朝は太陽がギラギラ。

芯太郎「ではハイスピード草むしりを行う」
ハジメ「はい!」
芯太郎「タイムリミットは午前7時の妻と娘の食事の時間まで。目標は15袋分」
ハジメ「はい!」
芯太郎「では、始め!」

家事のハジメさんがログインしました。

家事のハジメこと梶野ハジメです。
ブログが義父にばれそうになりました(汗)
いやはや、危ない危ない。

あ、ハイスピード草むしりが終わりました。
ただ除草剤を捲こうにも連日の雨で流れちゃうし災難続きです。

どうやらこれを始めたのは義父・芯太郎の義父・辰吉郎さんらしいです。
梶野家主夫の伝統行事よ、終わってほしい。

長い前置きはこの辺りにして、
昨日の続きを書くとしましょう。

オレの元居た実家、若宮家でのこと。

ボサボサ頭にパジャマのハジメ、リビングのテーブル上にある料理をじっとみている。
母の圭子がため息ひとつ。

圭子「いつまで続けるの?」
ハジメ「ん?」
圭子「もうすぐ30よ?」
ハジメ「だね」
圭子「だね、じゃなくて。家事はどうするの?」
ハジメ「一人暮らしでもダメだったからな」
圭子「こりゃ先が思いやられる」
ハジメ「何とかなるよ、たぶん」
圭子「実乃里ちゃん、家事はできるの?」
ハジメ「……まあまあかな」
圭子「なにその自信なさげな良い方は?」
ハジメ「まだ同棲してないし」
圭子「そういう問題じゃないでしょ」

ボサボサ頭の父・亮助が起きて来る。

圭子「ほら、パパもなんとか言って」
亮助「(あくびして)おはよう」
圭子「(ボソッと)まったく親子そろって」
ハジメ「家事なんかその時何とかなるって。なあ、父さん?」
亮助「父さんもママと結婚する前はお前と同じだったぞ。ま、何とかなるだろ」
圭子「あのね。いつも言ってるけど――」
ハジメ「親はいつまでもいないっていうんだろ?もうそれ、聞き飽きたから」
圭子「(ムッとして)それよりさっさとその寝ぐせなんとかしなさい!」

圭子がハジメにタオルを投げる。
タオルを広げると中に下着一式。

圭子「いつまで人にやらせる気?」

圭子が怒って行ってしまう。

ハジメ「何でああなの?」
亮助「いつものこと」
ハジメ「だね」
亮助「でもいつまでもいないからな」
ハジメ「え?」
亮助「ママも、俺も」
ハジメ「……シャワー浴びてくる」

今思えばいつも当たり前なことが、こんなにもありがたかったなんて後悔しています。
父さん、母さん。
あなたたちの息子は今、何とかやってます。

……あれ?

何であの休みの日から書き始めたんだっけ?

ああ、そうだ。
実乃里とこの梶野家に行く約束をしたんだ。

この続きはまた次回にでも。

家事のハジメさんがログオフしました。

パソコンを消すハジメ。
芯太郎がやってきて、

芯太郎「まだ起きてたのか」
ハジメ「もう寝ます」
芯太郎「明日も早いぞ」
ハジメ「はい」
芯太郎「ああ、それと……」
ハジメ「はい?」
芯太郎「足腰がまだまだのようだ」
ハジメ「すいません」
芯太郎「草むしりは足腰だ。鍛えなさい」
ハジメ「わかりました」

芯太郎、ハジメに背を向ける。

芯太郎「今日はありがとう」
ハジメ「……え?」
芯太郎「水分補給、しっかりな」

背中で優しさを語る芯太郎。

ハジメ「……はい!」

<episode3へつづく>

そういえば皆さんにひとつ言い忘れました。
過去のブログも見られますよ。
詳しくは下の3位のリンクをチェック!

家事ブログランキングTOP5 (ブログ園調べ)
1位 とっておきハウスワーク♪
2位 料理が好きですブログ
3位 家事のハジメ episode1
4位 お掃除ならアタシにおまかせ
5位 家事代行ならカジココ!

にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。