BLOG

ブログ

シナリオコラム

シナリオライターは転んでもただは起きないで

平成31年(2019年)1月某日。 東京は新宿にある、芸能浅間神社。 ここは芸能にまつわる珍しい神社だ。 敷地内には芸能人の奉納者の名前が多く並んでいる。 賽銭箱に投げ込まれる5円玉。 三十路にふたつ歳を重ねた男が目を閉じて手を合わせる。 物書き・スダである。 益代の声「あれ、スダちゃん?」 背後から聞き慣...

プロモーションレポート

amazon kindle 著者セントラルページ作成

おはようございます、物書き・スダです♪ 近況報告ですが、次のプロジェクトに向けて動き出しております。 内容については来月あたりにお伝えできるかと思います。 しばしお待ちくださいませm(_ _)m さて、今回は電子書籍のプロモーション活動報告です。 実はこの度amazon kindle 著者セントラルページを...

長編 シナリオ

10人のトレモロ・アルペジオ 第2楽章 千住琴恵

〇市民会館・小ホール テロップ『19年前・7月』 暗がりの舞台。 ライトに照らされ、顧問の崎谷唱子(40)が登場する。 明るくなると、それぞれ通う高校の制服を着た卒業生たちが席についている。 その中にマンドセロを持った千住琴恵(16)がいる。 琴恵の声「この子に最後に触れたのはいつだろう」 唱子がタクトを構...

長編 シナリオ

10人のトレモロ・アルペジオ 第1楽章 古内奏太郎

〇市民会館・小ホール 開演のブザーが鳴り響く。 暗がりの中、中学生たちがやってきて着席。 ライトアップされた指揮者の顧問が登壇。 奏太郎の声「トレモロ、それはおもにマンドリンなどの弦楽器における奏法のひとつ。同一音の急速度な反復。ふるえるように聞こえる。震音」 ステージ上が明るくなり、生徒たちが楽器を構える...

短編 シナリオ

そんな刑事(デカ)に憧れて case5 偽る 後篇

前篇を見逃しちゃったあなた! こちらへどうぞ 〇前回までのハイライト 飛崎が見合い相手の女性と話している。 2階席から様子を見ている見留が去ろうとした瞬間、ふと足を止める。 飛崎たちの隣の席。美男美女のカップル。 その背後からひとりの女性がジーっと男の背中を見つめている。 オシャレなレストランにはそぐわない...

短編 シナリオ

そんな刑事(デカ)に憧れて case5 偽る 前篇

〇車の中 後部座席に男がふたり。 片一方はメガネをかけたクールな男。 刑事の見留悟(35)だ。 そして、もう一方はコートとタキシードにオールバックそしてサングラスをした男。 同じく刑事の飛崎進介(36)だ。 見留「それ、ハロウィンの仮装ですか?」 飛崎「なに言ってんだよ、トメ」 見留「全くもってお洒落に見え...

プロモーションレポート

早美舎様にシナリオを製本して頂きました

物書き・スダの新プロジェクト……… それは「取材による執筆」です。 個人経営店などで仕事をされる人たちを取材し、その仕事にまつわる物語を執筆していきます。 すべての仕事には必ず色があり、味があり、真新しい独特の視点や世界観があります。 それらをシナリオを通じて表現していきたいと思ったのです。 しかし何の前置...