BLOG

ブログ

〇俊介が勤める会社・外観

雑居ビルの一角。
中堅クラスの企業である。
傘を持ったサラリーマンたちが前の道を通り過ぎていく。

〇同・休憩所

午後3時ごろ。俊介と同僚の脇山陽平(27)。
陽平は名前通りどこか陽気な様子。
俊介、自販機で飲み物を買っている。

陽平「おぉい、それ本当かよぉ」
俊介「ああ」
陽平「てかぁ、そのゴムの子ぉすごいなぁ」
俊介「だろ?」

俊介が缶コーヒーを陽平に渡す。

陽平「おぉ、すまないなぁ」

俊介、ジュースを一口含むと天を仰ぐ。
陽平が俊介を見て、

陽平「んでぇ、気になるのかぁ?」
俊介「全然」
陽平「あれぇ? シュンらしくないなぁ」
俊介「ああいうのはオレ的にナシ」
陽平「おぉい、とかぁ言って本当はぁ―」

スマホのバイブ。
俊介は悪びれることなく、

俊介「悪りぃな」

と言って、スマホをチェックする。
女の子からのメール。
『今夜、楽しみにしてるね♪』の文面。
陽平が覗きこんで、

陽平「おぉい、相変わらずだなぁ」
俊介「息抜き息抜き」
陽平「イキヌクのもいいけどぉ、そろそろカラダ大事にしろよぉ」
俊介「(操作する手が止まって)」
陽平「なんでもヤリすぎは良くないぞぉ」
俊介「陽ちゃんらしくないな」
陽平「えぇ? そうかなぁ?」
俊介「だっていつもは女好きで、オレよりはしゃいでるのに」
陽平「おうおう、これがぁ目に入らぬかぁ」

陽平が結婚指輪を見せる。
俊介は唖然として、

俊介「それ、オレにか? いやいや、オレはそっちの趣味ないから」
陽平「アホぉ、んなワケないだろぉ」
俊介「どんな趣味かと思った」
陽平「実はきのう籍入れたんだよねぇ」
俊介「知らなかった」
陽平「うぅん、これから報告するからぁ」
俊介「じゃあオレが第一号か?」
陽平「まぁ、そうなるなぁ」
俊介「なるほど」
陽平「うぅん、結婚も案外悪くないぞぉ」
俊介「そうか?」
陽平「なぁ、シュンもそろそろぉ―」
俊介「オレはパス」
陽平「だと思ったぁ」
俊介「陽ちゃん、それでもたまに嫁さん以外の子にってことは?」
陽平「うぅん、そりゃあ男だからなぁ」
俊介「おいおい!」
陽平「でも、嫁が一番だなぁ。まぁ、順番は逆になっちゃったけどぉ」
俊介「え? それってまさか」
陽平「あぁ、もうすぐ産まれるんだぁ」
俊介「マジで?」
陽平「うぅん、これからいろいろ準備してかないとなぁ」
俊介「(呆気にとられて)」
陽平「式にはぁ絶対来いよぉ」
俊介「行けたらな」
陽平「ったくぅ。あぁ、報告は大変だなぁ」

と言いつつ嬉しそうな陽平が能天気な様子で去っていく。
俊介、陽気な陽平を見ていて―
ふと陽平が立ち止まって、

陽平「なぁ、シュンさぁ」
俊介「ん?」
陽平「夜遊びと火遊びは程々になぁ」
俊介「余計なお世話だ」
陽平を見送る俊介、スマホを操作し始める。
俊介「(画面を見ていて)…」

窓の外は曇り始めている。

〇ドラッグストア・内

里美がコーナーにあるありったけの避妊具の箱をカゴに入れていく。
近くにいる買い物客が里美の行動に驚いている。

〇レストラン・内(夜)

店内は混みあっている。
俊介が若い女(前のシーンとは違う子)と食事をしている。
楽しそうな雰囲気のふたり。
女が席を外して、トイレへ向かう。

俊介「(笑顔が消える)」

〇繁華街(夜)

小雨が降っている。
傘を差す通行人はまだ少ない。
俊介が先ほどの女を連れている。
周囲を見回す俊介、よくあるティッシュ配りや居酒屋の呼び込みは確認できるが、里美らしき姿はない。

俊介「(ボソッと)……いないのか」
女の子「どした?」
俊介「いや、何でも」

歩いている俊介たちの背後に、避妊具入りのカゴを持った里美が現れる。
里美が俊介の後ろ姿に気づいて、

里美「!」

俊介は里美に気づかず、こなれた動きで女をリードし、ホテルへ入っていく。

里美「(俊介を見ていて)」

<第4話につづく>

にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。