BLOG

ブログ

どうも、12月になると年末恒例クリスマスの約束や明石家サンタが待ち遠しくなる物書き・スダです(^o^)丿

今年も早いもので、年の瀬ですね💦
みなさま、お元気でしょうか?

さて、今回は映画鑑賞リストです🎬

映画はシナリオの構成を勉強するうえでとても必要になります✍

机の上で黙々と作業をする前に、まずは外部からの刺激を受けるのが大事です!

勉強という名の娯楽でしょうか(^_-)

ジャンルはいろんなものを観ております👍
ラブストーリー、コメディ、ヒューマン、サスペンス、ホラー、社会派など。

それでは今年、お世話になった素敵な作品の数々を紹介させて頂きます☆

<劇場鑑賞作品>
・黒執事 Book of the Atlantic
・ミスペレグレンと奇妙な子どもたち(吹替)
・相棒 劇場版Ⅳ
・サバイバルファミリー
・ラ ラ ランド(字幕)
・ソードアートオンライン
・SING (吹替)
・モアナと伝説の海(吹替)
・ムーンライト(字幕)
・3月のライオン
・LION~25年目のただいま(字幕)
・美女と野獣(吹替)
・帝一の國
・FAIRY TAIL -DRAGON CRY-
・名探偵コナン から紅の恋歌
・スクランブル
・ジョジョの奇妙な冒険 第一章
・ポケットモンスター キミにきめた!
・こどもつかい
・ちょっと今から仕事やめてくる
・劇場版 お前はまだグンマを知らない
・リリカルなのは
・新感染 ファイナルエクスプレス(吹替)
・僕のワンダフルライフ(吹替)
・Fate/stay night[Heaven’s Feel]I
・IT ”それ”が見えたら、終わり。(字幕)
・ターミネーター2 4DX3D(字幕)
・探偵はBARにいる3
・オリエント急行殺人事件(吹替)
・スターウォーズ 最後のジェダイ(吹替)

<DVDレンタル鑑賞作品>
・帰ってきたヒトラー
・アメリカンスナイパー
・キューティブロンド
・パルプフィクション
・コレリ大尉のマンドリン
・好きにならずにいられない
・ゴーンベイビーゴーン
・ムーランルージュ
・レスラー
・恋愛小説家
・ミリオンダラーベイビー
・シングルマン
・スティング
・アラビアのロレンス
・エージェントウルトラ
・逃亡者
・追跡者
・ターミネーター/新起動(ジェニシス)
・サイコ
・サタデーナイトフィーバー
・マディソン郡の橋
・ゴーンガール
・カールじいさんの空飛ぶ家
・怪盗グルーのミニオン危機一発
・バックトゥーザフューチャー
・バックトゥーザフューチャー2
・バックトゥーザフューチャー3
・バードマン
・キサラギ
・トランボ ハリウッドに最も嫌われた男
・英国王のスピーチ
・湯を沸かすほどの熱い愛
・東京原発
・卒業
・カサブランカ
・エデンの東
・殺しのドレス
・LEON
・トレインスポッティング
・ファイトクラブ
・セイント
・最高の人生の見つけ方
・きっと、うまくいく
・スティーブジョブズ
・リトル ミス サンシャイン
・ダイハード/ラストデイ
・セブン
・アメリカンビューティー
・ショーシャンクの空に
・グッドウィルハンティング 旅立ち
・ジェイソンボーン
・タクシードライバー
・羊たちの沈黙
・ローグワン スターウォーズストーリー
・スターウォーズepisode7 フォースの覚醒
・マイレージマイライフ
・ジャック リーチャー NEVER GO BACK
・マレフィセント
・ジョンウィック
・キングスマン
・シン ゴジラ
・グランドイリュージョン2
・フルモンティ
・JUNO
・レインマン
・さらばあぶない刑事
・スラムドッグ$ミリオネア
・トゥルーマンショー
・アメリ
・40歳の童貞男
・幸せのちから
・シークレットウィンドウ

映画を観るときに気にすること
映画館では作品を観るだけではありません。
実はふたつ、やることがあります。

➀客層のチェック

どの年代の人が作品を観に来ているのか?
それをひとりでに分析し、制作者側のマーケティングを推理するのです。

たとえば、、、
ディ〇ニーアニメならば親子連れ。
日本のアニメならば若い男性たち。
サスペンスならば中年世代の夫婦。
青春やラブコメならば女子学生グループ。

このようにジャンルごとに層が違います。

どこにターゲットを絞っているのか?
それを踏まえると、自らの作品を書くときにイメージがしやすくなります。

➁シーンごとの時間経過
次に、腕時計でシーンの時間を計測します。

電波対応でズレのないものが良いです。

予告番宣終了後の本編開始から測ります。
オープニングから次のシーンまでどれくらいかなど、シーンごとに計測していきます。

それによって制作側が視聴者に何を伝えたいのかがわかります。

このシーンは主人公の日常風景だよ。
このシーンは主人公が冒険を始めるよ。
このシーンは登場人物紹介だよ。
このシーンは主人公がピンチになるよ。
このシーンは作品のテーマを伝えるよ。

ここだけの話、シーンは見る側にこっそりメッセージを送っているのです。

<最後に>
まだまだ観るべき作品があります。
リストを作ったものの満足していません。

今年の大みそかまでに観た作品を随時、リストへ追加していきます♪

来年もまたたくさんの素敵な映画たちに出会えますように。

それでは。

にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。