BLOG

ブログ

シナリオコラム

帰ってきたシナリオコラム「物書きの生き方」前編

〇アパートの一室(夜) 暗い室内に人物が入ってきて、電気をつける。 パソコンを起動する。 記者・宇加賀井益代である。 声「こんばんは」 やがてディスプレイに映る男。 物書き・スダである。 以降、適宜ZOOM画面でやり取り。 益代「久しぶりね。元気にしてた?」 スダ「おかげさまで。こっちはこっちでいろいろあり...

オリジナルボイスドラマ

コンパのサクラ シナリオ⑨(終)

さくら「とか言ってるけど私もね、いろいろあったのよ」 成 川「え?」 さくら「まるでサクラみたいな人生を送ってきたから」 成 川「それっていったい、どういう―」 さくら「こないだまで好きな人がいたの。でも彼、転職しちゃってもう逢えなくなっちゃった」 成 川「連絡先は?」 さくら「ううん」 成 川「好きだった...

オリジナルボイスドラマ

コンパのサクラ シナリオ⑧

成 川「うまくやりなさい。この耳で確かにそう聞いた。まるで出来ない部下を叱る上司みたいな感じだった」 さくら「…………」 成 川「なあ、アンタなんだろ? 俺にあの女を差し向けたのは。俺だけじゃなく、他の男にも同じようなことしてんだろ?」 さくら「違う!」 成 川「どう違うんだ!」 さくら「あれはそういう意味...

オリジナルボイスドラマ

コンパのサクラ シナリオ⑦

SE ドアの開く音 成川M「28歳にして初めてのデート。女性と接し方のわからない俺はマニュアル本なんてものを隅々まで読んだ。まさかキスの仕方からベッドインのテクニックまで載ってるとは。着ている服はいつもファストファッションだが、この日のために新宿のルミネでブランドものを買いそろえた。そしてここは……初めて女...

オリジナルボイスドラマ

コンパのサクラ シナリオ➅

さくら「(ハッとして)……あ、あの時の」 成 川「思い出したようだな」 さくら「でもだいぶ印象が違うし、それに偶然同じ場にいたってだけで私がサクラってことには―」 成 川「見たんだよ」 さくら「え?」 成 川「別の日、会社からの帰り道。アンタとあの女が店の裏で一緒にいるのを。あとで調べたら、そこが街コン会場...

オリジナルボイスドラマ

コンパのサクラ シナリオ⑤

さくら「ちなみにそのコンビニって、どこにあるんですか?」 成 川「世田谷です」 さくら「え、世田谷?」 成 川「駒沢大学駅の近く」 さくら「そうなんですか! ウチ、用賀です!」 成 川「たった二駅。何かあったら、すぐ会いに行けますね」 さくら「またまたあ」 成 川「実は……ずっと会いたかったんです、あなたに...

オリジナルボイスドラマ

コンパのサクラ シナリオ➃

さくら「すいません、なんか私ばっか喋っちゃって。えーと、『リュウ』さんって読書が趣味なんですか?」 成 川「はい、小説から哲学、経営、株など、本であればなんでも」 さくら「じゃあ、お休みの日は書店へ?」 成 川「はい。なかでも荻窪のtitleっていう本屋は雰囲気が好きなんです」 さくら「そこ知ってます! い...

オリジナルボイスドラマ

コンパのサクラ シナリオ➂

成 川「初めまして、『リュウ』って言います。よろしく」 さくら「よろしくお願いします」 成 川「『しの』さん、ですか。上品なお嬢様や和美人のような名前ですね」 さくら「いえいえ、ドレスも着物もあんまり似合わないんです」 成 川「そうですか? おしゃれな雰囲気でとても幸せな顔立ちをしていると思いますけど」 さ...

オリジナルボイスドラマ

コンパのサクラ シナリオ➁

SE 街中 さくらM「数か月後、1月の東京は夕方の渋谷。金曜日だけあって、街はとてもにぎやか。それを見てるとつい『渋谷で5時』を口ずさんでしまいそうになる。あの歌の中ではポケベルが鳴ってたけれど、今や街行く人は誰もがスマホを見ている。これだけの人がいるのだから、あちこちでスマホの画面に現を抜かした男女がぶつ...

オリジナルボイスドラマ

コンパのサクラ シナリオ➀

本シナリオは役名の記載においてネタバレを含んでおります。 あらかじめご了承くださいませ。 SE 街コン会場内の声 司会者「(マイクの音声で)お待たせしました。それでは本日、最後のカップルを発表いたしまーす!」 さくらM「私の名は『しの』。わけあってそう名乗っている。日々、東京都内のあちこちで行われる男女同士...